Nishihachi Blog

教室内の日常をお届けします(*- -)(*_ _)ペコリ

Happy birthday 8 :)

shoei-nishihachi.hatenablog.com

 

今月で8回目のバースデイブログです!

新規開校から9か月弱。

あっという間!

 

さて、

今月は2人です(^^*

 

★11月14日★

中2Nさん👧

 

☆11月15日☆

中2Sくん👦

 

お誕生日おめでとう!

(*´ω`*)(*´ω`*)(*´ω`*)(*´ω`*)(*´ω`*)(*´ω`*)

 

 

中学2年生って...

 

思春期真っ只中ですよね?

絶賛反抗期中ですよね??

中二病発症中ですよね???

 

いやいや、

そんなものとは無縁な2人👆

素直で純粋で真っ直ぐで...。

本当に素敵な子たち✨

 

近い将来、

きっと良いライバル関係になるでしょう。

私にはその絵がはっきりと見えています。

 

ふふふ♪

 

 

本日も西八王子教室にお越しいただき、

誠にありがとうございます。

京都の写真です🍁

綺麗ですよね✨

f:id:ShoeiNishihachi:20211201003441j:plain

少しずつでも確実に

力をつけている中3生たち。

 

先日の期末試験を経て、

 

ギアを一段上げてきたかな。

 

顔つきが違う。

 

雰囲気が違う。

 

目の奥が違う。

 

そして、

 

それを証明するかのような先日のVもぎ。

 

西八王子教室全体の受験者平均偏差値が、

 

■3科→58.0

■5科→59.8

 

偏差値60まであと一歩!!

 

ちなみに僕が担当している教科は、

 

■数学→60.3

■理科→65.8

 

みんな覚えてるかなぁ...

 

4月の模試の平均偏差値。

 

■数学→44.0

■理科→48.6

 

いや、

 

もちろん、

 

塾がほぼ初めてっていう子も多かったし、

 

模試慣れもしてなかったしね!

(それでも、結果が出てからしばらくは動けなかったな...笑)

 

それが、

 

よくぞここまで...。

 

本当にすごいよ。

 

大したものだ。

 

 

でも、

 

こうやって数字を書くと、

 

「厳しい指導してるんでしょ?」

 

とか、

 

「レベル高い授業してるんでしょ?」

 

とか言われるけど、

 

全然そんなことはない。

 

宿題を大量に出してるわけでもないし、

 

塾に1日カンヅメということもない。

 

ましてや、

 

僕の授業なんてお世辞を入れても『中の下』くらいだしね。

(ただ、結果を出すためのポイントと仕組みはあるけど。)

 

つまり、

 

シンプルに生徒たちが頑張った成果なのである。

 

 

さっ、

 

でも、

 

これはコレ。

 

しっかり復習して次だ!

 

戦いはまだまだ続くのだから🔥

 

 

 

 

すごいことが起こっている

shoei-nishihachi.hatenablog.com

 

期末試験の結果報告が続々と届いている。

 

数学は8割強ほど集まったかな。

(数学は返却がはやくて良い♪)

 

さて、

 

西八王子教室全体平均は...

 

 

■中1→89.2点

 

■中2→90.6点

 

■中3→93.6点

 

 

クラス毎ではなく、

 

全クラス合わせた平均点。
(ただし、入塾して1ヵ月未満の子は除く)

 

そして、

 

今回は中学校別ではなく、

 

すべての中学校を混ぜてみた。

うん。

 

やっぱり西八っ子たちはすごいな。

 

今まで(前の会社の時も)

 

教室全体平均で各学年がここまでの数字を出したことは無かったと思う。

 

今までは出来なくて、

 

今年になって始めたこと。。

 

今さら言うまでもないけど、

 

①『ヒヒヒ大作戦(通称:日日の数学)

 

②『地頭力爆上げ計画(通称:○○)

 

この2つだけ。

 

この時期、

前の会社の時は、

冬期講習のオプション売上げ(合宿やら正月特訓やら...)、

生徒数稼ぎ(やれ無料だ、やれ友だち連れて来いだの...)、

で今の半分ほどの力でしか生徒のことを見れなかった。

悔しかったな。。

でも今は...

 

特に今年は、

 

西八王子教室のすべての責任を背負うと同時に、

 

生徒をとことん見ることが出来ている。

 

わずかな変化まで見落とすことなく。

 

なんて幸せなことか。

 

なんてありがたいことか。

 

 

今回思うように点数が取れなかった生徒たち。

 

大丈夫。

 

僕は世界一諦めの悪い男。

 

みんなの可能性を潰すような手取り足取りはしないけど、

 

絶対に目は切らない。

 

約束する。

 

今やってることは間違ってない。

 

ただ、

 

始めるタイミングだったり、

 

今までの蓄積だったりで差がついているだけ。

 

諦めなければ必ず、

 

芽が出て、

 

花が咲く。

 

大丈夫。

 

すでに、

 

種はみんなの中にしっかりと埋められている。

 

あとは自分を信じて水をあげ続けよ。

 

 

どんな花が咲くか

 

見てみたくはないか?

 

 

 

 

すごいことが起こるかもしれない

昨日の私の仕事内容?実施事項?リスト。

 

時系列で書き出してみると...

 

 

①掃除(トイレ・落ち葉掃き・お花の水替え)

②『小6日日』の解説作り&メール配信(小6)

③冬期講習会用チラシ作成

④授業準備

定期試験の模範解答作り&メール配信(中1&中3)

⑥『月食観測のご案内』メール配信(全学年)

⑦毎日の課題チェック

月食観測

⑨授業

⑩保護者の方々とメールでおしゃべり

⑪生徒からの質問メール対応

定期試験の自己採点結果の集計(中3)

⑬その他雑務

 

だいたいこんな感じかな。

 

 

さて、

高校入試前の最後の定期試験を終えた中3生たち。

 

昨日が最終日&数学のテストだったこともあり、数学の模範解答を作成し、生徒たちに自己採点と点数報告をお願いした。

 

まだ全員分が集まったわけではないが、現時点でその結果は驚異的なものに...。

 

 

クラス平均ではない。

 

西八王子教室全体平均で90点を軽く超える勢いなのだ。

 

 

なぜこんなぶっ飛んだ結果が出るか?

 

理由は至極シンプル。

 

子どもたちが毎日頑張ったからである。

 

そして、

 

先輩たちの背中を見て来た中1と中2もすごいことが起こりそうな予感...!?

 

 

 

「嘘でしょ?」『んーん、マジ!』

ある日の一コマ。

 

小学4年生のある生徒→A

平岡→平

 

平「Aさぁ、ほんっっっとに暗算速くなったよね!」

 

A「えー、そう?」

 

平「うん!」

 

問題:1596÷38=?

 

筆算を書いて...

 

平「ほいっ!」

 

3秒後...

 

A「9の上に4をたてる!」

 

平「ねっ!?」

 

A「うーん...」

 

平「3ヵ月前はね、9の上に9!!って言ってたよ♪

 

A「(笑)」

 

A「嘘でしょ!?!?」

 

平「んーん、マジ!」

 

A「マジ!?」

 

平「マジだって!

 

平「あーぁ、その時の動画撮っとけば良かったなぁ...」

 

A「(笑)」

 

A「でも一番最初の授業で暗算ばかりやらされたの覚えてる」

 

平「懐かしいね~あれから3ヵ月...よくぞここまで(泣)

 

平「小数÷整数だって、俺の解説なくスラスラ解いてるし!」

 

平「俺いらなくね?

 

A「(笑)」

 

A「だって普通にわかるよ♬」

 

平「いやいや、普通は先生が説明してだね・・・」

 

その後もペチャクチャペチャクチャ(^^

 

 

毎日。

 

西八っ子は、

 

小3の子も毎日課題をこなしているからね♪

 

末恐ろしい。

 

無理なく本人でも気付かないレベルで一段一段上がっていく。

 

上の4年生みたいにね。

 

でも、

 

以前とは別人レベルで成長してる♪

 

いつ気付くかな?

 

自分の変わり様に...。

 

その時はさぞドヤ顔をするのでしょう♬

 

過去一の自信に満ちた顔!!

 

 

最高過ぎる。

 

 

 

強くなった

今年の3月に開校した小さな塾

 

生まれて8ヵ月と1週間

 

実績も伝統もない

 

そんな塾に

 

多くの仲間が集まってくれた

 

 

毎日の課題に立ち向かう子どもたち

 

そんな子どもたちを毎日支えてくださる保護者の方々

 

 

子どもたちは

 

日に日に顔つきが変わり

 

身に纏う雰囲気が変わっていく

 

保護者の方々からは

 

私たちへの温かいメッセージと

 

家での子どもたちの様子

 

お父様お母様のご奮闘の様子が

 

絶えず送られてくる

 

 

今もそうだが

 

みんなが帰ったあと

 

校舎に1人残り

 

教室を見渡し

 

生徒全員の顔を思い浮かべ

 

お父様お母様とのメールを読み返すと

 

目頭が熱くなる

 

これが深夜テンション?ってか

 

 

生徒たちの

 

入塾時の顔と

 

今の顔

 

とりわけ中学3年生たち

 

うん

 

まだまだ課題は多いけど

 

逞しくなった

 

うん

 

夏頃はみんなに思い込ませるために使ってた言葉だけど

 

今は心から言える

 

 

本当に

 

 

強くなったね

 

 

 

 

こだわり大公開!②

shoei-nishihachi.hatenablog.com

 

昨日から体験開始となった中2の子が、

 

自らの意思で『日日』をスタートさせた!

 

『ヒヒヒ大作戦(通称:日日の数学)

 

いやぁー、

 

嬉しかったなぁ。

 

三者面談でシステムの話をした時にはちょっと引いてたから...。

 

毎日の世界へようこそ♪

 

って感じ♪

 

ここから高校入試まで(本当は大学入試まで)

 

毎日一つずつ積み上げていく。

 

どんな山になるかな♬

 

楽しみである。

まだ体験中だから入塾するかわからないけど...笑

 

 

さて、

 

中学2年生の問題構成はこんな感じ↓

 

..............。

 

...か、書けない。

 

小6の『日日の算数』と違って、

 

日によって出題単元がバラバラ過ぎて...。

 

中学1年生から2年生までの内容が散りばめられてる感じ💦

 

主要な計算問題が5~6問くらい。

(正負の数・文字式・1次方程式・連立方程式など)

 

残りは、

 

等式変形だったり、

 

文章題だったり、

 

比例と反比例だったり、

 

1次関数だったり、

 

平面図形だったり、

 

立体図形だったり、

 

作図だったり、

 

データの活用だったり、

 

整数問題だったり、

 

証明だったり...。

 

これらが毎日ランダムに出題される。

 

10問ね。

 

 

ポイントは、

 

①毎日やること!

 

そして、

 

②毎日講師が細かくチェックすること!

 

おかしな癖や勘違いがないかね。

 

③気になるところは生徒に指摘しすぐ修正させること!

 

 

正直、

 

時間はかかる。

 

毎日のチェックも、

 

この取り組みが成果として点数に表れるのにも。

 

でも、

 

その分こだわってじっくり築き上げた土台は、

 

ちょっとやそっとの雨風じゃビクともしない

 

絶対に。

 

だから安心して、

 

思いっきり、

 

全力で、

 

その舞台の上で飛び跳ねよ。