Nishihachi Blog

教室長平岡のつぶやきブログです(*- -)(*_ _)ペコリ

『日日』を始めた理由

西八っ子たちは毎日勉強をしている。

 

毎日。

 

日曜日もGWもお盆もクリスマスもお正月も関係ない。

 

毎日。

 

毎日。

 

毎日。

 

継続しているんだ。

 

『日日の数学』←数学

 

『日日の読解』←国語

 

『音読』←英語

 

それぞれに明確な狙いがあるわけだが、

 

今日はそもそも何故僕が『日日シリーズ』を始めたかを少し書こうと思う。

 

ほんの一部だけね。

 

 

 

 

 

 

 

「うちの子、全然勉強しないんですよ。毎日毎日やれって言ってるのに。机に向かおうとしない。なんなんでしょうか。。」

 

おや?

 

保護者の方の愚痴が聞こえてきたぞ♬

 

 

 

 

 

そうだな。

 

何でもいいけど...

 

例えば自転車!

 

我が子に自転車を買い与えたとする。

 

補助輪無しね。

 

そして、毎日我が子にこう言うんだ。

 

「これが自転車よ!乗れるようになった方が絶対いいから!練習しなさい!ほらっ!ダラダラしてないで!お隣の〇〇ちゃんはもう乗れるのよ!早く練習しなさい!毎日練習しなさい!」

 

さて、この子は自転車に乗れるようになるかな?

 

自転車が好きになるかな?

 

ちょっと、

 

思い出してみて欲しい。

 

最初はどんなだったっけ。

 

どうやって我が子は一人で乗れるようになったんだっけ。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう!

 

それっ!

 

勉強も一緒だと思うんだ。

 

最初は支えが必要なんだよ。

 

つまり、

 

毎日頑張るためのきっかけや仕組みが。

 

 

自転車に乗れるようになったら勝手に出かけて行く。

 

好きな場所に勝手に行くようになる。

 

勉強も一緒。

 

 

大丈夫。

 

やってごらん。

 

ちゃんと見てるから。

 

 

その一番おいしい瞬間を僕は見届けようとしているだけ。

 

 

そして、

 

小さくなっていく背中を見て寂しくも嬉しく思うんだ。

 

 

大きくなったなって。

 

 

 

 

 

「お父さん(お母さん)、絶対手を離さないでね?嫌だからね?頑張ってこいでみるから絶対離さないでよ?」

「うん!大丈夫だよ。ちゃんと支えてる。ちゃんと見てるからやってごらん♬」

.....

「えぇっ!?あれ?乗れてる!一人で乗れてるよ!うわぁー!」

ズテッ💦

日野台1位!南平2位!

報告を受けてから随分と時間が経ってしまった。。

(生徒はすぐに報告をくれるのに。反省...。)

 

昨年度の進学実績👇

shoei-nishihachi.hatenablog.com

 

都立共通校に進学した生徒は全員受けた...のかな?

 

ベネッセの春休み課題テスト。

 

日野台学年1位!!

 

南平学年2位!

 

の生徒は、西八王子教室の1期生だ。

 

まずは数学ね。

 

まずは。

 

僕の担当教科だったから僕を真っ先に喜ばせるためにね。

 

なんと出来た教え子たちだ。

 

 

間もなく勝負の1学期中間考査が始まる。

 

学年何位に食い込めるか。

 

じっくり見守らせてもらおう♬

 

大人だってある

西八っ子たちの自学課題

 

『日日シリーズ』

 

「日日の数学」「日日の読解」「英文和訳音読」

 

ほぼ全員の生徒が毎日取り組み提出している。

 

その直向きさにただただ感心するばかりだ。

 

 

 

さて、

 

今日は日曜日。

 

チラッと確認すると未読134件。

 

ふふ。

 

すでにこんなにも課題が提出されている。

 

みんな頑張ってるな!!サスガッ!

 

早速チェックを始めよう...カナ?

 

 

 

 

いや、

 

ちょっと待った。たんま。

 

うん。

 

ちょっとだけ。

 

もう少しだけ。

 

ゴロゴロしたいカモ。🦆

 

あー、いや。

 

うん。

 

あと20分。

 

あの時計の長い針が12のところに来たら動く。

 

絶対動く。

 

絶対。

 

もうね、

 

超絶対。

 

ビビるよ?

 

絶対だもん。

 

必ず。

 

約束する。

 

マジ。

 

誓うから。

 

 

 

 

 

いや、ダメだ!!

 

何を言っているんだ!

 

先延ばししたところでやることもやる量も変わらないだろ!

 

お前、どの顔して生徒に話してる!?

 

今すぐ動くんだ!

 

動け!

 

頑張れ!

 

頑張るんだ!

 

さぁ!

 

頑張るのだ!

 

頑張りたまへ!

 

ほらほら!

 

何してるの!

 

起きろ!

 

そして、

 

やれ!

 

早く!

 

自分で決めたことだろう!?

 

 

 

 

 

うぅ...。

 

やります。

 

やるから、もう少しやる気が出る声かけをして欲しかったカモ。🦆

 

よしっ。

 

動くぞ。

 

動く。

 

せーのぉ~

 

ほいっ!!

 

って言ったら動くから。

 

ほいっ!!

 

って言ったらね?

 

 

せーのぉ~....

 

 

 

 

 

こんな日、大人にだってある。

『日日の数学』を進化させる

shoei-nishihachi.hatenablog.com

 

GW中も『日日の数学』『日日の読解』『音読』を提出してくる生徒たち。

 

 

そう。

 

 

授業は無くとも毎日の学習を止めてはならない。

 

 

むしろ、授業がない(周りが休んでいる)ときこそ頑張るべきではないか。

 

 

その一歩は、強烈なとなって如実に表れるのである。

 

 

 

さて、

 

 

西八名物の『日日シリーズ』。

 

 

今回は『日日の数学』をアップグレードさせる。

 

 

まずは中学3年生から。

 

 

『日日の数学』は僕から与えられた10問を毎日コツコツこなして行くというもの。

 

 

この10問はめちゃくちゃこだわっている。

 

 

既習単元の問題を散りばめつつ、現在扱っている単元の問題も含まれるように。

 

 

ただ、『日数(日日の数学)』を始めた当初から違和感はあった。

 

 

【与えられた問題をこなす】

 

 

これで良いのだろうか...と。

 

 

いや、これでは上位の高校(自校作成校やMARCH以上)では戦えない。

 

 

上記の高校では、自分の課題を自分で見つけ、それに対して自分でどのように克服するかが求められる。

 

 

餌を待つだけではダメなのだ。

 

 

 

そ・こ・で!

 

 

『日日の数学』を進化させる!

 

 

今のメンバーなら大丈夫だろう。

 

 

生徒と保護者にはすでに連絡済み。

 

 

 

さぁ、

 

 

『新日日の数学』の威力は如何に...!?

 

 

非常に楽しみである。

 

 

 

 

前年比+10.3

中3進研テスト(4月度)の結果が返ってきた。

 

 

まずは私の担当教科である数学に目を通す。

ダァーッと!

 

 

うん。

 

 

悪くない。

 

 

去年の中3と比べると偏差値で10.3ポイント上回っている。

(当然問題が違うのであくまで参考値だが。)

 

 

まぁ、それもそのはず。

 

 

約半数の生徒は、半年以上も通ってくれているのだから。

 

 

そして、『日日の数学』も去年の7月から9ヵ月間続けている。

 

 

まぁ、当然か。

 

 

と思いつつも普通に嬉しい。

(いや、超嬉しい。)

 

 

 

うむ。

 

 

他の教科も悪くない。

 

 

あとは、1人ひとりのデータを細かく拾い上げて対策を練る。

 

 

至福の時間の始まり始まり♬

 

 

 

 

Happy birthday 4月 :)

shoei-nishihachi.hatenablog.com

 

今年も3分の1が終了!

 

全力で走ってるとあっという間で楽しい♬

 

さて、今月は6人+1

 

お誕生日おめでとう!!

 

 

■4月1日

中3Nくん

 

■4月8日

小6Hさん

 

■4月9日

小4Nくん

あらふぉ~平岡

 

■4月11日

中1Eくん

 

■4月12日

小6Hくん

 

■4月27日

中1Aさん

 

 

以上、6人+1のみんな!

 

最高の1年になりますように...♪

 

 

さて、ゴールデンウィークが始まった。

 

部活も遊びも勉強も全力で!

 

中学3年生は『学習体力』を鍛えるチャンス。

 

この連休の過ごし方が勝負の夏に直結するのは言うまでもないだろう。

 

気張れ!!

 

 

今年度から使い勝手を優先したカレンダーに...。(´・ω・)

高校受験資料 完成!!

『GW中に全生徒と全保護者の方々に熟読していただきたい!』と急ピッチで進めていた資料が完成した。
(対象は小4~中3まで)

 

もっと早くから着手していればこんな大変な思いをしなくても良かったのだが...。

 

思い立ったが吉日の精神。
(私の悪い癖。反省。仕上げてくれた仲間たちに感謝(*- -)(*_ _)ペコリッ。コピー機もお疲れ様でした。)

 

手前味噌だけど、なかなかのものが出来たのではないかと思う。

 

説明会ではその高校にとって都合の良い部分だけを切り取って発信するからね。

 

マイナスの面がうまくぼやけるように。

 

同じ土俵の上にすべての高校をあげて客観的に見れば言い逃れはできない。

 

 

うん。

 

良き良き。

 

全ご家庭に2部ずつ配布する。

 

1部は生徒用、もう1部は保護者用。

 

穴が開くくらいよぉ~く見て勉強して欲しい。


みんなで勉強。

 

保護者の方々は子ども任せにし過ぎず、子どもたちは親任せにしない。

 

みんなで勉強すべし!

 

中3は昨日配布済み。

 

小4と中2は本日配布。

 

小5、小6、中1は明日中にお届けしよう。

 

 

 

行きたい高校が決まるといいな。

 

潜在的な志望校がね。

 

「無理だと思うんですけど...」とか「成績が上がれば...」とかいらないから。

 

行きたいところに行け!って話。

 

 

そのために毎日コツコツと自学をしてるんだからさ♬

 

 

 

 

 

グングン伸びてる子

『日日の数学』

 

生徒たちは厳選された10問を毎日解く。

 

自分で採点し、自分で解き直し、提出し、チェックを受ける仕組み。

 

生徒から質問があれば、解説を紙に書くなどして個別に返信する。

 

毎日。

 

毎日。

 

毎日だ。

 

 

これね、信じられないほど伸びるよ。

 

数学だけじゃなく様々な副作用があるように感じる。

 

たぶん、一部の塾しかやってない取り組みだからあまり知られてないと思うけど。

 

本当にすごい変わるんだよな。

 

全国の中学生に体感して欲しい。

 

1ヵ月間でいいから。

 

たぶん、進学先もワンランク、ツーランクくらいは変わると思う。

 

 

 

 

さて、2ヵ月前に入塾したある女の子。

 

『日日の数学』を始めて1ヵ月半が経った。

 

この子、数学は苦手らしい。

 

定期試験でも平均点を超えたことがないって。

 

でもね、必ず毎日解いて提出してくるんだ。

(毎日やれない子も一定数いるからね。)

 

そして、わからないところは必ず質問をする。

 

さらに、僕が返信した解説を熟読し、必ず解き直しをして再提出する。

 

最近は(この子の成長に合わせて)解説にヒントまでしか書かないから、解き直しをしても答えと合わないことがある。

 

それでも、この子は答えが合うまで何度も何度も解き直しをして提出してくる。

 

「こう考えて解いた!なぜ答えと合わない?」

 

「今度はこうした!どこがダメなの?」

 

って、字が訴えかけてくる感じ。

 

そのガッツは、西八王子教室の中でトップ3には入ると思う。

(マジでたまに泣けてくるほど熱い!)

 

 

 

本人、気付いてるかなぁ。

 

いや、気付いてないだろうなぁ。

 

お母さんはどうかなぁ。

 

2ヵ月前とは別人になってるんだけどね。

 

途中式を見ればすぐわかる。
(授業中でもわかるけど。)

 

頭の使い方が全然違う。

 

ぜんっっっぜん違う!

 

あなたはだぁれ?レベルで成長している。

 

この強烈な変化を僕一人で味わってるのが惜しいというか贅沢というか。。

 

 

ふふ。

 

次の定期試験が楽しみで仕方ない♬

 

今まで見たことのない景色を見せてあげたいな。

 

 

 

 

頭フル回転で楽しむ子どもたち

90分の授業(算数)は、小学5年生にとって決して楽ではないはずだ。

 

しかしながら、西八っ子たちはどうだ。

 

 

授業終盤になっても、

 

『あぁ~!!そういうことか!』

 

『なぁんでだぁ?』

 

『もう一回やる!!』

 

『次の問題もやっていい!?』

 

なんて声で溢れてる。

 

すごいんだよね。

 

途中に雑談の時間を入れて気分転換はしているが、それでもすごい!

 

中学生顔負けじゃないかな。

 

常に頭を使って考えてる感じ。

 

そして、それを楽しんでる感じ。

 

その空気がとても心地いいし、何よりも楽しく愛おしいと思う。

 

 

 

そんなこんなで授業のラスト10分。

 

僕『うおっ!あと10分だ!もう1問いける!?』

 

生徒『先生がやりたいんでしょ?

 

僕『うん!!』

 

生徒『いいよ!!

 

 

この子たちはまだまだ伸びていく。

 

末恐ろしく、非常に楽しみな西八っ子たちなのだ♪

 

 

 

 

定期テスト廃止!?

やはりというか何というか。。

 

 

近隣のとある公立中学校で、数学の定期テスト(一部の学年で)廃止されるとのこと。

 

代わりに小テストや単元テストに力を入れると。

 

 

 

あまり知られていないかもしれないが、定期テスト廃止の動きはここ数年で全国的にじわじわと広がっている。

 

先陣を切ったのは千代田区の公立中学校。

 

今から4年前だったかな?

 

確か、定期テストだけでなく宿題の廃止や担任制の廃止なんかもあったような。

 

 

 

結局、子どもにどんな力を身に付けさせたいか。

 

ということだろうね。

 

それに対して、定期テストの意味とは?って。

 

ちょっと考えてみると楽しいな。

 

いろいろな立場から。

 

定期テストは誰のもの?なんて。

 

 

 

ふむ。

 

仮に近隣のすべての中学校で定期テストが廃止になったとしても、西八っ子たちへの影響は特にないかな。

 

今やっていることを変える必要はないし、臆することもない。

 

むしろ、

 

僕らの考え方や取り組みに近付いてくるのではないかと思ってる。

 

 

 

僕はただみんなの頑張りを毎日見ていたいだけだからね。

 

毎日。

 

毎日。

 

毎日。

 

小さくてもいいから、1mmでもいいからコツコツと積み上げる楽しさに気付いて欲しいだけ。

 

その中で、自分の課題を見つけ、自分で考えて、自分で動ける人になって欲しい。

 

その仕組みが『日日シリーズ』だからね。

 

新中1生の中にも、「自主練習(自学)」をする子が増えてきたし♪

 

 

 

テストはどんな形であれ、その毎日の積み重ねの途中にあるものだよね?

 

力試しの場に過ぎないんじゃないかな。

 

目的ではないでしょ?って。

 

だって、学年1桁の子たちを見てると、テストのために毎日頑張ってるって感じがしないもん。

 

保護者の方の意識も含めね。

 

見てるところがちょっと違うと思うんだよね。

 

 

どうかな?