Nishihachi Blog

教室内の日常をお届けします(*- -)(*_ _)ペコリ

「嘘でしょ?」『んーん、マジ!』

ある日の一コマ。

 

小学4年生のある生徒→A

平岡→平

 

平「Aさぁ、ほんっっっとに暗算速くなったよね!」

 

A「えー、そう?」

 

平「うん!」

 

問題:1596÷38=?

 

筆算を書いて...

 

平「ほいっ!」

 

3秒後...

 

A「9の上に4をたてる!」

 

平「ねっ!?」

 

A「うーん...」

 

平「3ヵ月前はね、9の上に9!!って言ってたよ♪

 

A「(笑)」

 

A「嘘でしょ!?!?」

 

平「んーん、マジ!」

 

A「マジ!?」

 

平「マジだって!

 

平「あーぁ、その時の動画撮っとけば良かったなぁ...」

 

A「(笑)」

 

A「でも一番最初の授業で暗算ばかりやらされたの覚えてる」

 

平「懐かしいね~あれから3ヵ月...よくぞここまで(泣)

 

平「小数÷整数だって、俺の解説なくスラスラ解いてるし!」

 

平「俺いらなくね?

 

A「(笑)」

 

A「だって普通にわかるよ♬」

 

平「いやいや、普通は先生が説明してだね・・・」

 

その後もペチャクチャペチャクチャ(^^

 

 

毎日。

 

西八っ子は、

 

小3の子も毎日課題をこなしているからね♪

 

末恐ろしい。

 

無理なく本人でも気付かないレベルで一段一段上がっていく。

 

上の4年生みたいにね。

 

でも、

 

以前とは別人レベルで成長してる♪

 

いつ気付くかな?

 

自分の変わり様に...。

 

その時はさぞドヤ顔をするのでしょう♬

 

過去一の自信に満ちた顔!!

 

 

最高過ぎる。